インストラクター

詳細は写真をクリック

🆕随時更新中


ippei

イナムラキャビン・ヨガスクール代表。ヨーガ指導者。

パーソナルトレーナー・スポーツインストラクターとして活動していたころにヨーガに触れ、興味を持ち始める。Eclore Yoga 花井美紅 師の下で学び、実践していくにつれて、その伝統や精神性に魅了され、現在も総合的にヨーガの学びを深めている。

2016年、鎌倉市稲村ガ崎にセルフリノベーションでスタジオを創り、自身が代表を務めるヨガスクール「イナムラキャビン」を創立する。

2018年、鎌倉市坂ノ下、鎌倉の大仏で有名な長谷駅の近くに新たにスタジオを創り、主にインストラクター養成に力を入れている。

 

■全米ヨガアライアンス認定校イナムラキャビン・ヨガスクール 代表

■インド中央政府公認S-VYASA認定ヨーガ教師

■日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師

■日本ヨーガ療法学会 学会員

■NPOヨーガ療法士協会神奈川 会員

■Manduka Japan アンバサダー

 

 

Power Plate® Beauty Exercise 監修

CS放送 GAORA SPORTS『ほぐして 鍛える ヨガトレ!』 出演中

ヨガフェスタ横浜2017 講師

 

 

《Message》

ヨーガを学ぶにあたって大切なことは「個別性を理解して、自尊心を高めていく」ということです。人は一人一人違う存在です。人と比べる理由がありません。

また「ある」とか「ない」とか、「出来る」とか「出来ない」などといった対立感情は、個別性を理解していないが故に外に意識が向いて芽生えてしまう概念です。こういった対立感情からは「私は出来ていない」とか「私なんか・・・」といったような劣等感が芽生えます。これは個別性の理解がなく、外的意識が生み出した執着です。

 

このようなサイクルから脱却するために、個別性を理解し、対立感情に惑わされない訓練をしていくことが、ヨーガの本質的な学習と言えます。

 

マスメディアやSNSは大切な情報を与えてくれます。またIOTが進み、ほとんどの物事がインターネットを経由するとても便利な世の中になってきていますね。

 

しかし、効く薬には副作用があります。

この便利過ぎる世の中は、あれをしなきゃいけない、これをした方がいい、といったようにもっと!もっと!と執着心をあおってきます。

 

生存そのものが主な目的であるはずの人間が、もっと便利に、もっと快適に、と走り続けた結果、本来の目的を通り過ぎて、行き先を見失っているような気がするのは私だけでしょうか。この副作用は重大な問題です。

 

人間には心や思考を超えた、魂レベルでの叡智があります。ここぞというときには必ず力を発揮する潜在的なパワーです。

そんな力が宿っているので、ふと立ち止まって冷静に考えることさえ出来れば、本当に大切なものは何かと気がつくことが出来るはずです。

ですがこのスピーディーな資本主義社会に麻痺してしまい、そもそも立ち止まり方や、休み方自体がわからなくなっている方が多いように感じます。超難解な方程式は解けるのに、なぜか一番はじめに習うような最も基礎的な問題が解けなくなっているような気がしてならないのです。

 

「インターネットの使用時間が増えるにつれて、若者の幸福度が下がっている」というデータもあるそうです。

つまり、本来備わっているものに気がつく余裕がないのです。

これらの問題はSNSやIOTが悪いのではなく、情報の受け取り方に問題があるのです。

先に述べたように、ふと立ち止まったり休んだりする時間、そして何が本当に大切なものなのかを冷静に考える時間があれば良いのです。

 

...

ヨーガとは、まさしくその「時間」を与えてくれるものなのです。

...

 

伝統あるヨーガは、時代を問わず受け入れられ、そして脈々と受け継がれてきました。その時代に生きる人々の様々な問題を解決出来る多様性と、その奥には揺るがない絶対的な真理があったからです。

 

今この時代におけるヨーガの役割は、人々に立ち止まる時間、冷静に考える時間、そして休む時間を与えることなのです。

 

ヨーガ指導者はいろんなスタイルや伝え方があって良いと思いますが、ただのポージングやアクロバットを教えるヨーガにはならないようにして欲しいです。あのポーズが出来るようになったとか、ここが硬いから出来ないといったような考え方は、更なる対立感情をあおり、また新たな執着を生み出す時間になりかねません。このようなヨーガは今の時代には合わないのです。

 

ヨーガの本質的な知識や技術は、実践だけでは成立しません。また逆に机の上だけでも成立しません。バランスよく学び、実践していくことで、執着が自然と離れていきます。大切なものを覆っていた霧が晴れて、ありのままでいいのだと、魂レベルでの叡智にたどり着きます。そのとき、「ある」とか「ない」とか二極化する対立感情に惑わされなくなります。

自分にも他人にも優劣をつけないフラットな自分が見つかるのです。

強さと優しさのエネルギーが内側で静かに燃える感覚があり、何事も受け入れる柔軟さと、乗り越える強さが湧き出てきます。

 

今の時代に生きる私たちは、このようにヨーガを学んでいくと良いのではないでしょうか。

またそのお手伝いが少しでも出来るよう、これからもヨーガを学び伝えていきます。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

ippei 


ayaka

2008年に正看護師資格を取得し、主に脳血管障害や脊椎損傷などのリハビリ病棟の看護師として経験を積む。20代前半にヨガと出会い、ヨガをしている時間は心が解放されたり自由になる感覚があったことから、ヨガをもっと学びたい!と思い、エクロールヨガにてティーチャートレーニングを受講し、修了する。

その後、不妊治療を専門とした婦人科で勤務。女性の生活に大きな影響を与える女性ホルモンについてを専門に学び、ヨガ指導にも活かしている。

結婚を機に退職し、第一子妊娠中にベビーヨガインストラクターの資格を取得。

現在はやんちゃな女の子の子育て真っ最中であるが、全米ヨガアライアンス認定講座やレギュラーレッスンの運営スタッフとしてinamuracabinに携わっている。

 

 

■日本ベビーヨガインストラクター協会認定講師

■全米ヨガアライアンス認定エクロールヨガインストラクター養成講座修了

■正看護師

 

 

《Message》

ご覧いただきありがとうございます。

inamuracabinでは、ヨガの経験年数や知識は関係なく、来てくれる生徒さんがリラックスして授業が受けられ、疑問を抱えて卒業することがないよう、生徒さん一人一人と向き合っています。「また帰ってきたい」と思ってもらえるような空間作りを目指しており、そしてその空間づくりには、我が家の小さなヨーギ二ー(娘)が大きく関係しています。

ある生徒さんからは「hanaちゃん(娘)が来てくれることで、いつもフッと、力を抜くということを教えてくれる」と嬉しい言葉を頂きました。

 

どこかでだれかの心に私たちの生活の一部が、講座や教科書からは学べない「何か」小さな事でも感じて頂けたら嬉しいです。ぜひinamuracabinという特別な空間の中に、ヨガを学びに来て下さい。


Ikue

東洋のマッサージに興味を持ち、フィリピン、タイでマッサージの留学経験を持つ。 

追求していくうちにヨガをすることでマッサージ以上の気持ちよさを感じ、ヨガに魅了される。 

 

全米アライアンス(RYT200)inamuracabin yoga schoolにて取得。 

老人施設デイサービスで、顔ヨガや歌ヨガなども担当を経験し、現在、スポーツクラブやホットヨガスタジオで勤務しつつ、土曜日の朝は自身の住んでいる街、戸塚駅にてトツカヨガ主催。誰でも楽しくヨガに触れ合えるコミュニティクラスを開催。 

 

愛と献身のヨガ、バクティーヨーガを正式継承者の師の元で修行中。 

キルタンのバンド「ゴーヴィンダズバジャンバンド」のメンバーとしても活躍。 

 

絵が得意なため、inamuracabinのポーズ集のイラストを全担当。 

その他、挿絵やジャケットのデザイン、小物や衣類のデザインなども作成し活動中。 

 

■全米アライアンスRYT200ヨガインストラクター養成講座 

■オールドメディスンタイマッサージスクールオブ チェンマイ基礎 

■オン マッサージスクール アロマ・エルボーコース 

■フィリピンヒロット ダグダガイ(足つぼ) 

■ネイリスト検定2級、ジェルネイル検定 

 

 

 

《Message》

私は、身体が硬い事が嫌でした。ポーズもつらいし、大変です。 

でも、かっこつけずに、出来ないときは笑ってもいいんです。 

瞑想して、無心になって、真剣に・・・なんて、疲れちゃいます。 

「楽しくマイペースに深めること」 

難しく考えずに、気持ちよく、楽しい時間を一緒に 

過ごしましょう。 

 

 

 《リンク》

ホームページ

Facebook

Instagram

Mail:ikueyogamail@gmail.com

Line ID @olu2639o


池田 菜央子

ダンスの専門学校卒業後、某プロ野球球団専属チアダンサーとして活動しながら都内フィットネスクラブにてHIPHOPや格闘技エクササイズのレッスン指導を始める。

トレーニングの一環で行っていたヨガにだんだんと深い興味を持ち、2015年にティーチャートレーニングを修了。

現在は都内近郊のヨガスタジオやフィットネスクラブにてインストラクターとして活動中。

 

 

■全米ヨガアライアンス 認定RYT200

■NESTA認定パーソナルトレーナー


大内 菜緒

茨城県在住

2005年理学療法士免許取得

病院、通所リハ、クリニックにて臨床を経験し、10年を過ぎた頃から予防医療に携わりたいという思いが強くなり、趣味として行っていたyogaの本質を学ぶため、イナムラキャビンヨガスクールにて講座を受講。

現在も整形外科クリニックに勤務している。

 

 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200

■理学療法士

 

 

《Message》

私は、ティクナットハンの『愛の同義語は理解すること』という言葉に魅かれます。

そして、身体のシステムはそれ自体が素晴らしいものと教わってきました。

肉眼では見えにくい、私自身の心や身体を理解しようという思いは、自分を大切にすることに繋がると信じています。

yogaを通してさらなる光を注いでいきましょう。

 

Connect with Nature

大自然に包まれている時のように、yogaで内なる自然と繋がって、どこにいても心穏やかでありたいものです*** 

 

 

《Link》

ホームページはこちら


kyoko

幼稚園勤務、結婚を機に退職。2児の母。 

現在は、医療事務として病院勤務。 

学校の授業以外スポーツ経験無く過ごして来たが、家の近くにスポーツクラブが出来たのをきっかけに入会。そこでハタヨガに出会う。呼吸に合わせ、体を伸ばす気持ち良さを知り、もっとヨガの事を知りたいとinamuracabin yoga schoolのRYT200の講座受講を決める。 

 

 

■全米ヨガアライアンス 認定RYT200 

■経絡ヨガインストラクター

 

 


Keiko

幼少の頃よりクラシックバレエを始める。高校生の頃からバレエ教室にてアシスタント教師を経験。 

社会人になってホットヨガに出会い、そのなかで呼吸と体の動きの一体感や、体を動かしながらもリラックス感・幸福感を味わえるところにヨガの魅力を感じ、inamuracabinでヨガの学びを深める。 

 

 

■Maple Sports Studio TT Level 1 修了 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200 

■日本エアリアルヨガ協会養成講座2級 受講予定 

 

 

《Message》

呼吸のリズムにのって、気持ちよくのびのびと体を動かしましょう。 

体の声に耳を傾け、ご自身をより大切にする時間づくりのお手伝いをさせていただきたいと思っています。 

 

《Link》

ホームページはこちら

Mail:kko915.ihr@gmail.com


斎藤 奈緒

20代前半にエアロビクスに出会い、LA六本木養成コース4期生として実技、運動生理学、栄養学を学び、卒業後スポーツクラブスタジオにてレッスンを行う。

また、アクアビクスやウエイトトレーニングの指導も行い、某有名女優のテレビ撮影にトレーナーとして参加した経験もある。

 

2004年PFAアライアンスにおいてYogaBasic、Advanceのコースを修了後、ヨガの指導を始める。

 

現在は横須賀、三浦地区にてヨガレッスンを指導。

体を動かすことが大好きな3児の母です。

 

 

■PFA Alliance Yoga basic/Yoga Advance 修了

■全米ヨガアライアンス認定RYT200講座修了


Su3/スーさん

 

ヨーガとの出会い 

30年間の社会人生活を、全速力で突っ走って来て、無茶な生活、身体と心を酷使して、不健康な状況を長く続けていたことを振り返り、2006年スポーツジムに通い始めたのがヨーガとの出会いです。 

いろいろなヨーガクラスに参加して、様々なヨーガのスタイルを経験させて頂き、当時は、心肺機能を強化になりそうで、筋肉・関節・骨の繋がりとアライメントを意識することで、呼吸と身体が連動して快適に動き、ストレス発散と程よい疲労感と爽快感が味わえるパワーヨーガの魅力にハマり、ヨーガスタジオに通い始めました。 

呼吸を整え、呼吸と共に身体を動かすことの快適さに気付き、呼吸と共に動くヴィンヤサに興味を持ち、一方でヨーガの原点・古典を学ぶとハタヨーガに興味が広がり、ヨーガ奥深さを何となく感じるようになりました。 

2016年、引っ越しを契機に、新たなヨーガのクラスに参加して、良き師に出会ったことがきっかけとなり、家族の理解もあり、良き仲間達と共にヨーガを広く深く学ぶ60歳からの挑戦が始まりました。この出会いと繋がりに感謝しつつ、 

「日本ヨーガ・ニケタン」や「inamuracabin」などで学びを広め、深め、実践してヨーガと共に充実した日々を過ごしています。 

 

 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200 

■インド中央政府公認スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)認定ヨーガ教師

■日本ヨーガ・ニケタン「ヨーガ療法士養成講座(YTIC)」受講中 

 

 

《Message》

今後のテーマ 

40年のビジネス経験、企業の問題解決手法の専門家として、100人のファシリテーターの育成、数百件の課題バラシと課題解決を行なった15年の実践経験をバックに、ヨーガの智慧やヨーガ療法の様々な技術を使って、「ストレスと上手に付き合う」 

人生100歳の時代に備えて、「心肺機能と筋力を維持して、心と身体のバランスを整える」 

2つをテーマに学び、研究して実践して行きたいと思っています。 

横須賀在住、Atsuo sunaga


高林 友里恵

学生時代、運動目的でヨガスタジオに通いました。社会人になってからも長いこと趣味として取り入れていたのは、身体を通して少しずつ何かが変化している感覚があったからだと、ヨーガの言葉による学びに触れ気づきました。

6年半勤めていた会社を退社し、インドの環境にて様々な角度からヨーガに触れた後、インストラクターの活動をスタートさせました。今でも師や先生の元での学びを得ながら、自身の活動をさせて頂いています。活動拠点 神奈川/東京
■RYT500時間認定講座 ハタヨガ修了(国内・India)
■バクティフロー指導者 basic/advance 修了         上村真央師
■バガヴァッド・ギータークラス[ヴェーダーンタ]2016/’17'18参加(India)        Swami Cetananandaji
■ロミロミマッサージ習得コース 修了(Hawai)
《Message》
ヨガを取り入れるどのような目的でも、時間を持ち自分と向き合う貴重な時に、お役立て頂けたら嬉しいです。
《リンク》

中西 亜紀子

 

 

運動経験もなく身体を動かすこととは無縁の生活を送っていたが、育児がひと段落した35歳からヨガを始める。

エクササイズのつもりではじめたヨガだが出来ないことばかりで、なぜ出来ないのかどうしたら出来るのかを考え実践していくうちに、心身ともにyogaの本質を知りたいと思うようになりinamuracabin yoga schoolにてRYT200を取得。

自身が苦労した分、心地良いアーサナへのコツなどもわかりやすく伝えられるよう学びを深めている。

「楽しく気持ちのいいヨガ」をモットーに、県内スタジオでレッスンを行う傍ら、スタジオ併設のエステサロンではボディセラピストとしても活動し、身体の内と外、両面からのケアを提案している。

 

 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200

■筋調整ヨガインストラクター

 

 

《Message》

「ヨガやってみたいけど身体も硬いし、スタジオなんてなんだか気後れしてしまう。」そんな方いると思います。わたしもそうでした。でもヨガって軟体動物みたいな人がすごいポーズをすることじゃなくて、ただ単純に「幸せになる為のツール」なのではないかな、と今は思います。yogaを通じて、たくさんの方に出会えるのを楽しみにしています。


橋本 紀代子

 

元サッカー選手 

2016年〜企業内フィットネスインストラクター 

2018年〜ヨガインストラクター 

2018年〜NPO法人大和シルフィード・スポーツクラブヨガ教室インストラクター 

 

 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200 

 

 

《Message》

心とカラダをちょっとだけ癒してくれる、 

日常生活をちょっとだけ幸せにしてくれる、 

競技生活をちょっとだけ助けてくれる、 

ヨガは偉大なものでも特別なものではなく、 

誰にでもできるものです。 

一緒にヨガしましょう。 

 

 

《Link》

・大和シルフィードヨガ教室 

LINE@ ID : @yvn4500h 

ホームページはこちら

 

・その他レッスン問い合わせ(東京、神奈川) 

Mail: pi.hashimo@gmail.com

 


Masa Higuchi

 

2011年、東日本大震災の津波により生まれ故郷の家を失う。

人生を深く見つめ直す中、転職を決意。

巡り合わせにより都内大手ヨガスタジオにて、インストラクターとしての活動を開始する。

 

ヨガに包まれる日々を送りながら数多くの思いやりに触れ、瞑想では自然と涙が溢れるなど、徐々にニュートラルな自分、本来の自分に戻っていくような感覚を覚えたことから、体への効果だけでなく心にも作用するヨガに大きな力を感じる。

数百時間のクラスを経験したのちにスタジオを離れ、鎌倉の地で学びを深める。

 

2018年より拠点を湘南に移し、少人数制のプライベートヨガクラスを主宰するほか、

県内スポーツ施設で新たにヨガクラスを発足、運営に携わる。

 

心の解放や癒しを追求し、音楽とのコラボレーションイベント “emotional sunset” を開催するなど、ヨガがもたらす穏やかな時間をひとりでも多くの人と共有するべく努めている。

 

 

 

■全米ヨガアライアンスRYT200

■赤十字救急法救急員

■Alaia private yoga studio 主宰

 

 

 

 

《Message》

 

しあわせになろうとするのでなく、

今がしあわせであることを感じる心。

 

自分自身と向き合う時間の中で、

ヨガはたくさんのことを気づかせてくれると思います。

 

大切なものはきっとすぐそばにあります。

いつの日かみなさんとお会いできることを楽しみにしています。 


masako

長年フラ、タヒチアンを学び湘南を中心に活動し2008年に恩師からAnela (天使)というハワイアンネームを授与される。

その後育児中にヨガの魅力に引き込まれinamuracabinでヨガの本質を学び全米ヨガアライアンスRYT200を取得する。 

 

■心理カウンセラー2級

■全米ヨガアライアンスRYT200

 

 

《Message》

身の回りに起こることをしなやかに受け止めると当たり前の日常にこそ幸せが溢れていることに気がつきます。

心と身体を穏やかにほぐしご自身の気づきのお手伝いが出来たら幸いです😊


MOMO

学生時代にマリンスポーツやスキー、

登山などアウトドアスポーツにのめり込む。社会人になってからもランニングを趣味として続けている中でヨガに出会う。

 

 

■全米ヨガアライアンスRYT200修了

■日本母子健康運動協会 バギーエクササイズ認定インストラクター

 

《Message》

自分の体を隅々まで意識すること、それによって気持ちにまで生じる変化を感じたり、ヨガを通じて日常生活やスポーツをより一層豊かに楽しむことが出来る。そんな出会いのお手伝いをしたいと思います。


Yuta

大手企業にてIT、WEB、広告などを担当。

IT関連の基礎を学ぶために留学した先のフィリピンにて英語を学ぶ。

その後以前からの趣味が高じて、ヨガの勉強のために渡米。

全米ヨガアライアンスRYT200を取得し、現在はビジネスと並行してヨガインストラクターとしても活躍中。

 

■全米ヨガアライアンス認定RYT200

 

 

《Message》

 

「yogaのある暮らしで毎日を明るく、気持ち良く過ごすひとが増えてほしい。そして、そうした生活の仕方自体が当たり前の社会になって、明るさがどんどん広まっていってほしい。」そんな想いでyogaを人に伝えていきたいと思います。

ニューヨークで出逢った先生の「あなたたち次の世代へ、私たちが先人から受け継いだlegendsを、また伝えることができるなんて、なんて素晴らしいことなんでしょう!」という言葉が印象的です。

謙虚に学び続け、得たものは穏やかに力強くクラスに参加してくださった方へお伝えしたいです。

 

 

《リンク》

ブログはこちら


YUKI

1977年生、神奈川県在住、男の子2人の母、普段は会社員。

☆育児から離れたのをきっかけに、エクササイズの代わりにと軽い気持ちではじめたヨガにどんどんのめりこみ、ヨガのとりこに。

本当の意味での「ヨガ」に出会いたいとの想いから、inamuracabinで学び、RYT200を取得。

 

 

■全米ヨガアライアンスRYT200

■日本アロマハンドセラピー協会(JAHA)認定、アロマハンドセラピスト

■AEAJアロマテラピー検定2級

 

 

《Message》

体や心の状態にあわせてヨガを楽しむお手伝いができたらと思います。

心地好さをぜひ一緒に味わっていきましょう。

まずは、ご自分に目を向けてあげることから始めてみませんか。

 

 

《リンク》

 Instagramはこちら 

 Mail:yuki.yanagisawa0707@gmail.com

※レッスンの詳細はお問い合わせください。